BLOG

2017年2月6日のNHKあさイチで「いじめ後遺症」の特集をしていました。

私もいじめを受けた経験から関心を持ってみました。

テレビでは、いじめ受けて時間がたって、大人になっても重度の心身症に悩まされていることが紹介されていました。

今日の話で特に大事だと思ったことが二つありました。

一つ目は「自分は悪くない」ということを繰り返し強調していたことです。人には個性があります。個性があるということは、当然一人一人違いがあるということです。顔や体形、その他の違いに着目していじめに発展するケースがあります。違いがあることは当然ですが悪いことではありません。また、得意なこともあれば、不得意なこともあります。これも個性です。苦手なことがある=悪いことではありません。絶対に違います。本人にとっては困りごとかもしれませんが、他人がとやかく言うことではありません。

そして、いじめられる側といじめる側の人間関係で、いじめられる側が悪いということは全くありません。被害者と加害者で被害者が悪いことはあり得ません。盗人や詐欺師も相手の落ち度を言い立てる時がありますが、全く同じです。落ち度があるないと、行動の善悪は全く別です。加害者と被害者の間で被害者が悪になることは決してないのです。

もう一つは「いじめる側の方が問題は深刻です」と言っていた先生の言葉です。いじめる側には、問題行動をする背景があると思われます。パワハラやセクハラ、消費者被害、ブラックバイト、格差の問題など、大人の社会には他人の尊厳を傷つける行為で溢れています。それが、家庭や学校、兄弟や友人同士を通じて子供に影響を与えているはずです。いじめる側も相手を変えれば被害者であり、それを他の生徒にいじめることで自己表現をしていると考えられます。そのように、いじめる側の方が大きな問題を抱えているといえます。

いじめた側の人が逆に自責の念から心身症に悩まされた例も挙げられていました。


学習をする時も、ただ勉強だけできれば良いことではないと思います。

学習をする時、競争をしたい子供が競争することは悪いことではありません。そのように優秀な生徒同士が競い合って成績を伸ばすことも必要です。しかし、競争したくない生徒を無理に競争に参加させることは良くありません。得意なこと、苦手なことがあっても良い、一人一人が頑張ればいい、一歩ずつ前進することが大切だと思います。

学校ではなるべく配慮してもらえればと思いますし、塾や家庭教師、通信講座を選ぶ時にはその生徒の特性を考えるといいと思います。学習も生活の一部です。一人でも多くの子供がいじめの被害を受けず幸せになってもらいたいと思います。

NHKのあさイチで今日2017年1月30日、

オノマトペの実験をしていました。

オノマトペとは擬音語のこと。

幼稚園児が持ち物を覚える時に

「ピッ、ピッ、ピ」と言うと

次の日忘れ物が減ったという結果だった。

パピプペポは明るい気持ちにさせるらしい。

PPAPもその効果なのか?という

話題もあった。

明るい気持ちの方が脳が活性化してくれる。

ちょっとでも楽しく、覚えやすく勉強してほしい。

これからも楽しい記憶法について紹介したい。

特に大事なことで暗記したいどうしても覚えられない時、ありませんか?

その時には大きく書いて目立つところ、いつも見るところに貼りましょう。


例えばトイレ。いつも使います。勉強部屋なら目立つところに。

字も、紙もなるべく大きく。

新聞や雑誌、広告で一番最初に見るのはどんな字ですか?

一番大きな字だと思います。

看板でも大事なことは大きく書いてあります。

大きく書いてあると、脳が大事だと認識します。

恥ずかしがらずに大きく、太く書きましょう!

英単語の暗記のためにひたすら単語を書き続けて効果は上がるのでしょうか?

読む、書く、聞く、話すを4技能と言います。

最近では大学入試改革などで英語をバランスよく4技能を学習することを求めています。

暗記でもこの4技能をバランスよく使うことが大切です。



近年、音読の効果が再認識されています。

黙読では読むだけですが、音読なら聞く、話すも同時にできるだけでなく、

わからないところは詰まってしまうので、理解力アップにもつながります。

同じように書くときも声を出すと良いでしょう。

日本史を歌った「レキシ」がヒットしていますが、リズムに乗せて声に出したり、語呂合わせで覚えることも効果があります。

人間は生まれつき視覚優位の人と、聴覚優位の人と個体差があるそうです。

つまり、人それぞれ暗記方法でも覚えやすい事柄や覚えやすい方法が違うのです。

だから、絶対にこの方法が良い、というやり方はありません。

ただ、覚えるには4技能を使うしかないので、これを自分に合った形でいかに効率よく組み合わせるかということです。また、前回紹介した繰り返しも必要です。

自分にとって一番覚えやすい4技能のパターンを探してください。

英単語や漢字、重要語句など、勉強には暗記がつきもの。

ここでは、暗記方法について、書いていきます。

誰でも確実に覚えられる方法を紹介します。

それは、同じ問題をできるまで繰り返すこと。

1日目に例えば30の英単語を練習したとする。

翌日はその30を覚えているかチェックすることから始める。

覚えていなければ練習。

それが終わってから新しい単語を練習する。

別にもう30覚えないで、20に減らしてもいい。

その翌日は前日に間違えた単語も含めて、練習した単語をチェック。

前日のチェックで正解した単語は外す。

翌日も繰り返す。

初日から1週間後は、初日の単語を再チェック。

できなかった単語は翌日再チェック。

初日から1か月後と3か月後にも再チェックする。

このようにできるまで繰り返す、定期的に再チェックするをサイクルにすれば

誰でも覚えられます。

勉強したけれど、テストで点数が取れなかった。

そんな人に覚えてほしいのがエビングハウスの忘却曲線です。

学習法の中で、一つの中心となる考え方です。


エビングハウスという心理学者の実験です。

記憶したことの74%は1日後に忘れているというのです。

昨日の学習したこと、食べたこと、その他 どうでしょうか。

どれくらい覚えていますか?


記憶はまず短期記憶として覚えられるため、

そのままでは、大半を忘れてしまいます。

しかし、繰り返し復讐することで長期記憶として

定着していくということを示しました。

それでは、復習するタイミングはいつが良いのでしょう。

学習直後、翌日、1週間後、1か月後、3か月~にそれぞれ学習することをお勧めします。


勉強していると同じことを繰り返すのではなく、新しいことに手をつけたくなります。

でも、それよりも学習したことを覚えているかチェックを繰り返すことです。

それがより短時間で学力を高めます。



勉強方法がわからないとお悩みの方。悩まなくていいんです。

実は「上手な勉強方法がわからない」と答えた中学生は55%。

(ベネッセ総合教育研究所調べ)

「成績上位」の生徒でも30%が選択しています。

上手な勉強方法がわからないと感じることはとても大切ではないでしょうか?

学力は勉強時間ではありません。

上手な勉強方法を探すことはとても大切です。

同じ学校の授業を聞いていて、わかる生徒とわからない生徒がいますね。

同じ問題を解くのにすぐにできる生徒と、時間のかかる生徒がいますね。

つまり、同じ時間でも成果は全く違います。

これは単純に生まれつきの差でしょうか。

それでは、生まれつき言葉の話せる人はいますか?

生まれつき頭の良い人はいないのです。

では、何が違うのでしょうか。

それが学び方覚え方の差です。

ただ個性はとても複雑でその子に合った学習法はバラバラです。

算数数学が得意な子、国語が得意な子。

暗記が得意な子、論理的に考えることが得意な子。

これらも個性の差とその後の生活の積み重ねから現れる

能力の一部の表れにすぎません。

大事なことは、一人一人に合った自分が一番身につく学習法を見つけることです。

もちろん学習法のヒントはたくさんあります。

そのヒントをこれから順番に紹介していきます。

その中から自分なりに試してみてください。

やってみること、工夫すること

その積み重ねで自分に合った学習法を見つけられます。

テストで実力通りの点数が取れない人もいますが、その原因は何でしょう。

やはり、緊張や焦りがあるのではないでしょうか?

テストの本番で力を出せない生徒は日頃の学習でテスト本番をイメージした

学習ができていない可能性があります。

準備がしっかりしていれば、当日自信を持ってテストに行けます。

まず、普段の学習で本番と同じ気持ちで問題を解くことが大切です。

いつもテスト本番を考え、正確に速く解くことを意識しましょう。

受験生はこの時期過去問や想定問題を解くこと有効です。

1回目は時間を計ってテストと同じ時間で取り組みましょう。

そうすれば、当日の時間配分も大丈夫です。

受験生以外の生徒も常に時間を短くする工夫を心がけましょう。

スピーディーに解く練習が大切です。

その習慣が受験生になった時より深い勉強となって現れます。

本番では普段と同じ気持ちで学習すれば本番でいつもと同じように解けます。

このことは、大人になってからも活きてきます。

時間を大切にしていれば仕事も家事も短い時間で大きな成果を上げられます。

お子様にやる気がない、集中力がない、落ち着きがないなど

性格や行動で悩まれることは多いと思います。

そんなとき、ご両親が自分の育て方のせいではないかと

思い悩むことがありますが、多くの場合そうではありません。


お子様のそれらの行動の理由はいろいろと考えられます。

その子供をよく観察してその子供にあった対応が必要です。

暴力や過度に高圧的な叱責など、心当たりがなければ、

子育て方法が主な原因と考える必要はなく、

悩んでも仕方ありません。

そもそも子供の性格も置かれている環境も千差万別なのに

生涯に一人~数人程度の子育てしかしない

両親がすべての状況に対応できるはずがないのです。

多くの場合、原因は複雑なので、一つの

原因に特定できないでしょう。

ただ、いじめやその他人間関係で大きなトラブルが

隠れて起きていないかは気をつけてみましょう。

それら特定の原因がない場合、反抗期のように

子供の成長に必要な過程であり、

成長に従って改善されるでしょう。

もちろん、何もしないと学習が遅れるなど

子供の将来に不利に働きます。

その子供にとって今必要なサポートは何かを考え、

できることをしましょう。

子供には生きる力があります。

そのとき無理なくできることをしてあげたら

あとは自然に成長します。

勉強・学習方法がわからない・・・

勉強・学習に集中できない・・・

暗記が苦手で覚えられない・・・

などなど、いろんな悩みに応える相談室です。

質問があれば、ぜひ聞いてください。