暗記方法2 4技能を使う

英単語の暗記のためにひたすら単語を書き続けて効果は上がるのでしょうか?

読む、書く、聞く、話すを4技能と言います。

最近では大学入試改革などで英語をバランスよく4技能を学習することを求めています。

暗記でもこの4技能をバランスよく使うことが大切です。



近年、音読の効果が再認識されています。

黙読では読むだけですが、音読なら聞く、話すも同時にできるだけでなく、

わからないところは詰まってしまうので、理解力アップにもつながります。

同じように書くときも声を出すと良いでしょう。

日本史を歌った「レキシ」がヒットしていますが、リズムに乗せて声に出したり、語呂合わせで覚えることも効果があります。

人間は生まれつき視覚優位の人と、聴覚優位の人と個体差があるそうです。

つまり、人それぞれ暗記方法でも覚えやすい事柄や覚えやすい方法が違うのです。

だから、絶対にこの方法が良い、というやり方はありません。

ただ、覚えるには4技能を使うしかないので、これを自分に合った形でいかに効率よく組み合わせるかということです。また、前回紹介した繰り返しも必要です。

自分にとって一番覚えやすい4技能のパターンを探してください。

中学生の勉強・学習の相談室

中学生と保護者の皆さんへ、勉強・学習のやり方がわからないとき、やる気が出ないとき、その他勉強・学習でお困りの方向けの掲示板です。

0コメント

  • 1000 / 1000